こんにちはこんばんは、フリューのジョンです。
この記事はフリューAdvent Calendar 2018の12/24分となります。(ちなみに弊社はお休みです)

Dockerやってたりすると、オーケストレーションをしたくなりますよね。
そこでよく使われるのがKuberneteであったりするのですが、やっぱり構成が大変だったり、取っ掛かりが難しいとかあるような気がしています。
それでよく使われるのが、GoogleやAWSのKubernete、GKEやKESなどのサービスが多いのかなと思います。

ただ、もしそういうのが使えない。。。という方、Rancherはどうですか?と思っています。

Rancherとは

GUIでポチポチっとdocker imageのオーケストレーション構成を簡単に組み立てられるありがたいツールになります。
内部でのLoadBarancerなどの配置、アプリケーションのスケーリングが簡単にできるのは良い点かなと思います。

最近Rancher2系がリリースされており、DockerHubでは rancher/rancher となっています。rancher/serverでは1系がダウンロードできます。

Rancherの起動はDocker(Docker Compose)を使います。docker-compose.ymlは以下のようになります

無事に立ち上がりましたら、https://(host名):8443 にアクセスしてみてください。ログイン画面が出ると思います。デフォルトはadmin/adminです。

スクリーンショット 2018-12-21 14.59.57

スクリーンショット 2018-12-21 14.57.48

今回触る上で試しに、構成としては下の図のような構成を作成しようと思います。

スクリーンショット 2018-12-21 11.06.59

Rancherをつかってみる

ポチポチやっていきましょう。まず、clusterを作ります。名前は「kotlin-sample-cluster」です。コマンドが表示されていますのでそれをコピーしておいてください。

スクリーンショット 2018-12-21 15.05.37

スクリーンショット 2018-12-21 15.06.50
次にアプリケーションを起動するサーバを登録します。先程のコマンドをサーバ上で叩いてください。

sudo docker run -d --privileged --restart=unless-stopped --net=host -v /etc/kubernetes:/etc/kubernetes -v /var/run:/var/run rancher/rancher-agent:v2.1.4 --server https://${①}:8443 --token ${②} --ca-checksum ${③} --worker

するとNodesのタブの画面で以下のようにサーバが登録が開始されているのを確認できるはずです。暫く待つと登録完了となるはずです

スクリーンショット 2018-12-21 15.23.46

スクリーンショット 2018-12-21 15.36.45

では実際にアプリケーションを配置します。
まずkotlin-sample-httpd(Apache)

スクリーンショット 2018-12-21 16.05.15

kotlin-sample-tomcat(tomcat)

スクリーンショット 2018-12-21 16.07.04

LB(LoadBalancer)

スクリーンショット 2018-12-21 17.01.08

kotlin-sample-httpd、kotlin-sample-tomcatは私が作成したアプリケーションをimageにしたものになります。

LBでkotlin-sample-httpdへ向けているので、しばらくしてから、http:(ホスト名)/hello にアクセスしてみてください。
hello, world!! という形で表示できていれば、Rancher完全理解したという状態になっているはず、、、です。

まとめ

Docker Imageをクラスタリングできました。ただし、プロキシ環境では難しくなってくるかもしれません。
皆様、困ったときにRancherを思い出してもらえればと思います!