Furyu
[フリュー公式]

Tech Blog

フリュー株式会社の技術ブログです

2019年06月27日

kakuda.takumi

JJUG CCC 2019 Spring 参加報告会(非公式)を開催しました!

こんにちは。ピクトリンク事業部の角田です。

前回に引き続き、フリュー主催の勉強会を開催しましたのでご報告します。

前回のレポートはこちらから

京都Devかふぇ#6 〜JJUG CCC 2019 Spring 参加報告会(非公式)〜

今回は合計で約10名の方々にご参加頂きました!

今回は5/18(土)に開催されたJJUG CCC 2019 Springの参加報告会と題しまして勉強会を開催いたしました。

勉強会の様子

トップバッターは弊社の@masaozi3が「1400万ユーザーのWebサービスを 15年運用して考える、
Javaである理由」という題で発表しました。

今回のJJUG CCCにて弊社のサービスであるピクトリンクがJavaである理由について発表したものの再演を行いました。

IMG_0812

 

2番手は@mdstoy 様による「もう参照渡しとは言わせない」です。
こちらは2018年冬のJJUG CCCにて発表された内容の再演でした。
Javaが参照渡しではないということを主張しつつ、Javaの評価戦略について詳しくお話しいただきました。

自分自身、この辺りの話はわかっていない部分が多かったので、とても勉強になりました。

IMG_20190607_193237162

3番手はお恥ずかしながら私@chan_kakuzが「JJGU CCC 2019 Springまとめ~Java歴1年なりの意見を添えて~」という題で発表いたしました。

私自身は、今回のJJUG CCCは登壇はしておらず、聴講のみでの参加でした。

今回の勉強会では、聴講者としての目線で今回のJJUG CCCはどんな感じであったかなどをお話しさせていただきました。

IMG_0814

 

4番手は@kis 様による「最近のJava Webフレームワーク / Java Web Framework ccc 2019 spr」です。
こちらの内容は今回のJJUG CCC内で行われたアンカンファレンスの再演となりました。
最近のJavaのWebフレームワークについて最近の事情を踏まえつつ紹介されていました。

個人的には、紹介されていてたフレームワークの中では一番Springに似ていたMicronautがとても使いやすそうで気になりました!!

IMG_0815

まとめ

今回は京都Devかふぇ史上初となるJavaをテーマにした勉強会を開催してみました。

Java界隈で著名な方々をご招待させていただいて、発表の時ももちろんですが、懇親会でも非常に盛り上がりました。

今後もサーバサイドについての勉強会を開催しますので、参加お待ちしております!!


2019年03月15日

furusin

社内勉強会で「新しいメンバーがチームにやってきた時に行うこと」をやりました!

こんにちは。ピクトリンク事業部の古川です。

私は先日、DevLOVE関西さん主催の勉強会「新しいメンバーがチームにやってきた時に行うこと」に参加しました!

その時登壇された @bufferings さんのまとめブログはこちらです。

 

この勉強会の内容がすごく良かったし、近々年度が変わるということで人の入れ替わりもありますので、

「今こそこれをやる時だろう!」

と思い、社内のランチ勉強会で実施しました!

 

あ、ちなみに私の所属するピクトリンク事業部は、隣の部署であるプリントシール機事業部と合同で

「合同ランチ勉強会」を隔週で開催しています。

仕事以外で関わることができるのはいいことですね!

 

勉強会の様子

弊社の昼休みは45分なので、最初の15分はちゃんとごはんを食べる時間、残りの30分で勉強会をやっています。

30分間でできることは限られているので、DevLOVE関西さんの勉強会の中でやった

自分がチームに入った時に困ったこと、嫌だったこと

だけにフォーカスして取り組みました。

 

流れとしては以下のように進めました

・自分が感じたことを各自で付箋に書き出す(7分)

・書き出したものをホワイトボードに貼る

・皆で見ながらカテゴライズする

・出たカテゴリの中からフォーカスするものを決める

・フォーカスしたものを掘り下げる

・掘り下げた結果から改善案(トライ)を上げる

 

 

結果

IMG_20190313_122754995

私達は「人」に関して困ったことが多かったようです。

・誰に聞いたらいいかわからない

・名前がわからない

・人となりがわからない

・どんな人なんだろう

といったように、「チームメンバーのことをもっと知りたい、けどなかなか聞き出せない」という悩みが多かったようです。

そのため、最終的には以下の改善案がアウトプットとして出てきました。

・自己紹介カードを書く(ウェルカムボードとかを作るのもよさそう)

・合同休憩を取る(一緒に休憩する)

・ペア作業を作る

私の部署含め、4月には異動や新入社員の配属があります。

そのタイミングで、上で出たアウトプットを実際に活用して新規参入者の皆さんに少しでもお役に立てたらと思います!

 

最後に

今回は「困ったこと」だけにフォーカスしましたが、次は「こうしてあげたかったこと」にフォーカスできたらと思います!


2019年02月15日

furusin

GDG京都様と共催でミートアップを開催しました!

こんにちは。ピクトリンク事業部の古川です。

先日のブログで、GDG京都(Google Developers Groups)様との共催でGDG ミートアップ in 京都を開催することを宣言しておりましたが、ついに実現しましたのでご報告致します!

 

GDG ミートアップ in 京都

今回も合計で30名以上の方にご参加頂きました!

特色としては、海外からGDE(Google Developer Experts)が2名参加されることもあり、セッションのほとんどが英語となりました!

GDEの2名以外にもGDG NZ(ニュージーランド)の方も来られており、とても国色豊かなイベントとなりました。

GDG NZの方とGDEのうちの1名は、直前に東京で開催されていた日本最大級のAndroidイベント「DroidKaigi」にも参加されていたそうです。

(ちなみに私も参加していました。弊社はDroidKaigiのスポンサーでもあります!)

 

GDEであるEnrique Lopez Mañas さんの発表「 Kotlin/Native for Multiplatform development」

IMG_20190210_135625

 

GDEであるiñaki Villar さんの発表「 Diving in the WorkManager API」

IMG_20190210_142212991

英語のセッションということもあり、皆さんいつも以上に真剣に(必死に?)話を聞かれているなぁ、というのが印象的でした!

また、GDG京都のメンバーの兼高さんも英語で発表してくださりました!

IMG_20190210_153921186

Pin-point rebuildable and non-rebuild custom widget from cch-robo

僭越ながら、私も発表させて頂きました!

IMG_20190210_160011292

Build your first wear app from furusin

 

本来は私の発表が最後の予定だったのですが、懇親会のケータリングが届くまで時間が余ってしまいましたので、GDG四国、GDG京都のメンバーより発表を頂きました!

IMG_20190210_163719

 

MVIMG_20190210_164002

 

懇親会の様子

hoge

今回はたくさんの方が懇親会に関するツイートをあげてくださりました!嬉しい!

 

最後に

私たち京都Devかふぇとしては、イベントの共催は初の試みとなりました。

初の共催だし、英語ばっかりだしどうなることやら……と不安はありましたが、参加者の皆様にはとても楽しんで頂けたようで、

運営一同嬉しく思っております!

 

今後は色々なコミュニティと共催等を進め、技術コミュニティの活性化や発展により一層貢献したいと考えています。

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!


2019年02月5日

furusin

フリューにてGDG ミートアップ in 京都を共催します!

こんにちは。ピクトリンク事業部の古川です。

 

この度、GDG京都さん(Google Developers Groups)との共催でGDG ミートアップ in 京都を開催することとなりました!🎉

このイベントには、海外からGDE(Google Developer Experts)が2名来日して登壇してくださります。

京都でGDEが2名も揃って登壇されるのは今回のイベントが初めてとのことです!

非常に貴重な機会ですので、是非お越しください!

イベント詳細

イベント名

GDG ミートアップ in 京都

日時

2019/02/10(日) 13:10 〜 18:30

場所

弊社フリュー会議室 (京都銀行 京都駅前支店 6階)

詳しい行き方はこちらを御覧ください。

 

概要

下記2名のGDEがそれぞれ得意分野に関して登壇してくださります。

Enrique Lopez Mañasさん

登壇タイトル:Kotlin/Native for Multiplatform development

AndroidとKotlinのエキスパートで、2013年からGDEとして活動されています。

iñaki Villarさん

登壇タイトル:Diving in the WorkManager API

こちらもAndroidとKotlinのエキスパートです。

GDGバルセロナやGDGマジョルカ、GDGダブリンにて活動するなど、他方にて活動されています。

 

その他登壇者

GDG京都 兼高さん

登壇タイトル:Flutterに関する話題 (仮)

スマートフォンアプリ開発にて最近ホットなFlutterに関してお話頂きます。

兼高さんはGDG京都のメンバーではありますが、全国の勉強会にも幅広く参加/登壇されており、

Androidも初期バージョンの頃から携わられています。

 

フリュー株式会社 古川

登壇タイトル:Build your first Wear App

非力ながら、私も登壇させていただきます!

技術情報があまり豊富ではないAndroid Wear(Wear OS by Google)のアプリをどうやって作るのかをご説明します。

 

イベントの最後には懇親会もご用意しております!

GDEの方と直接会話できる機会はなかなかありません。

会話は英語になってしまうかもしれませんが、ぜひ勇気を出してお話してみてください!

きっと…きっと誰かが助けてくれます!

下記写真は以前の懇親会でご用意した食事の写真です。しっかりお楽しみいただけるかと思います!

IMG_20180914_200603

 

最後に

今後も、このように色々なイベントとの共催も進めていきたいと思っております!

ぜひお声がけくださいませ〜


2018年12月19日

furusin

私が勉強会の開催を推し進めるモチベーション

こんにちは。ピクトリンク事業部の古川です。

この記事はフリューAdvent Calendar 2018の12/19分となります。
エンジニアの登壇を応援する会 Advent Calendar 2018 に触発されて、
「なぜ私が勉強会の開催を推し進めるのか」をブレイクダウンしていきます。

はじめに

どんな勉強会をやってるのか

京都Devかふぇという勉強会を、だいたい隔月で開催しています。
技術関連の情報共有や関西の参加者同士の交流を目的としています。

我々は京都で働いていますので、関西の技術交流をもっと活性化し、関西の技術レベルの向上に少しでも貢献できればと考えております。

また、個人的には

Kansai.kt
大阪開催 北海道応援プロジェクト 小春の大LT大会!
v-kansai
にも参加しています。

そもそも

なぜ勉強会をやろうと思ったか

私自身、元々は非常に非常に非常にヒジョーーーーーーーーに引っ込み思案でして、人前に立つとか、
ましてや勉強会をやろうだなんて考えもしませんでした。

そんな私を、10年ほど前にコミュニティに誘って頂いたのが大きな転換期でした。
それ以来、コミュニティの中で活動することの楽しさを覚え、積極的に外部へ発信していくようになりました。

「コミュニティの中で活動することの楽しさ」とは

以前、Qiitaで私が個人でアプリ開発を続けるたった1つの理由でも触れましたが、
「楽しい」にもいくつか種類があります。

 

私が感じる「コミュニティの中で活動することの楽しさ」とは・・・
・自分の知り得なかった情報を知ることができる
・たくさんの「はじめまして」がある
・参加者みんなが楽しそうにしている

 

以上の3点に分類されました。
それぞれ噛み砕いていきます。

自分の知り得なかった情報を知ることができる

エンジニアとしての「知的好奇心が刺激される」といった表現が正しいかもしれません。
「すっげぇぇーー!!!こんなことできるのかよーーー!!!」
といった新しいことを知れる。楽しいですね!

とてもコアな情報や「こんなのどこで使うんだよ…」といったニッチな情報も多く出てきたりもしますが、
それはそれで「マニアックだなぁ!」という面白さがあります。楽しいですね。

たくさんの「はじめまして」がある

これは更に2つに分類されます。
・初対面の方と出会う
・初対面の技術と出会う

後者は上で述べたことです。
前者は参加者との出会いです。

 

参加者の皆さんには十人十色のバックグラウンドがあり、色々な知見や視点を持っていらっしゃいます。
そのような方々と技術的な議論をしたり、プライベートなお話をするのは非常に刺激的です。
楽しいですね。

 

京都Devかふぇの常連さんで、日本在住のカナダ人の方がいらっしゃいます。
個人的には、この方とずっと英語で会話しているのも非常に刺激的で、英語の勉強にもなるので非常に楽しいです!

参加者みんなが楽しそうにしている

私はディズニーリゾートが大好きなのですが、その理由が
「ゲスト(お客様のこと)の皆が、キャスト(従業員)の皆が、全員が笑顔なこの空間。幸せで溢れてる!!」
ということです。

勉強会では、人々の笑顔を見れる。その笑顔を作り出すことができる。
最高じゃないですか!すごく楽しいです!

 

また、運営として助けてくれているメンバー(足立荒木ジョン橋本まさお)の皆も
とても楽しそうに活動してくれているのも、私にとっては非常に嬉しい、楽しいことのひとつです。
感謝感激雨あられです。

 

私にとっては、ここの「楽しい」が最も大きな比重を占めています。

人々が笑顔になれる手助けを少しでもできればと思っています。

まとめ

私にとって、 楽しい とは
・知的好奇心が刺激される
・たくさんの出会いがある
・笑顔に溢れる幸せな空間に居る

この3つに分類されました。
「なんで勉強会やってるの?」の答えは一言で「楽しいから」ですが、色々な意味が込められていることが改めてわかりました。

これからも、もっと皆さんに楽しんでもらえて有意義な勉強会を企画していきたいと思っています。