Furyu
[フリュー公式]

Tech Blog

フリュー株式会社の技術ブログです

2018年09月25日

furusin

フリュー主催の勉強会(京都Devかふぇ#3)を開催しました!

こんにちは。ピクトリンク事業部の古川です。

前回に引き続き、フリュー主催の勉強会を開催しましたのでご報告します。

前回のレポートはこちらから

京都Devかふぇ#3 〜フロントエンド〜

今回も合計で30名以上とたくさんの方々にご参加頂きました!

これまで開催した2回はどちらもモバイルに特化した内容でしたが、今回は初のフロントエンドでしたので、はじめましての方が多かったです!

勉強会の様子

トップバッターは弊社の佐藤Johnより、「Vue.jsを使うようになるまで」を発表しました。

IMG_20180914_190946

Vue.jsを導入するまでに至った経緯から、Vue.jsのいいところを纏めて発表しました。

二人目は @kobashinG 様より、「Puppeteerのお話」でした。

IMG_20180914_192804

Googleが出しているHeadless Chrome Node APIのライブラリで、

どんなモチベーションで触り始めたか、簡単にどんなことができるかを発表してくださりました。

 

3人目は@jiyuujinlab 様より、「あえてNuxtを使わずプロフィールサイトを作った話」でした。

IMG_20180914_194229

プロフィールサイトを作ってみた実体験を基に、デモを交えてVue.jsの良いところを発表してくださりました。

人生初の登壇だったとのことで、そのような場を提供することができて運営として嬉しい限りです!

 

LT大会

LT大会では@RyosukeIzumi 様、るい 様、@funnelbit 様、そして私の4人が登壇しました。

IMG_20180914_200814

IMG_20180914_201327

IMG_20180914_202051

IMG_20180914_202544

懇親会の様子

一度休憩を挟み、LT大会を終えて、懇親会です!

今回は北海道を応援する意味でも、いつものケータリング(カツサンドが好評)に加え、サッポロビールをご提供しました!

IMG_20180914_200603

 

 

まとめ

参加した皆さんもたくさんTwitterでツイートしてくださり、とても盛り上がった勉強会となりました!

懇親会でお話した方から「とても楽しいからまたやってほしい!」というお声を頂きましたので、

是非ともまた開催したいと思います!


2017年10月18日

MavenでNode.jsをインストールしてwebpackを起動しよう

こんにちは。フリューのジョンです。

最近はプロジェクトで使用できたgulpやwebpackについて勉強しています。

その関連ではありますが、今回はMavenプロジェクトでwebpackを起動するということをやりたいと思います。

Mavenプロジェクトでwebpackを使えるようにする

webpackを使うためには、npmが必要です。そして、npmを使うためにはNode.jsをインストールする必要があります。
そのため、各自Node.jsをインストールして・・・となると、バージョン違いが発生したり・・・環境設定から・・・と、とても大変です。

そのために、frontend maven pluginをつかいます。https://github.com/eirslett/frontend-maven-plugin
このライブラリでは Node.jsのインストールや npm install、webpackの実行ができます。

pom.xmlにpluginを登録します。

これだけです。そして、

と叩くとNode.jsがインストールされます。

Node.jsやnpmのインストールはMavenのsetting.xmlを見てproxyを通してくれるのでとても助かります!

しかし、おそらく、プロジェクト直下にpackage.jsonが存在しないという以下のようなwarningが出てくると思います。

そのため、インストールされたNode.jsのnpmを利用してpackage.jsonを作成しましょう。
helper scriptが用意されておりますので、こちらのnpmファイルかnpm.batファイルをプロジェクト直下に配置します。

https://github.com/eirslett/frontend-maven-plugin/tree/master/frontend-maven-plugin/src/it/example%20project/helper-scripts

そして、プロジェクト直下にて以下コマンドを叩きます。

色々聞かれると思いますが、適当で良いです(Githubのレポジトリなどの情報のためです)。終わるとpackage.jsonが作成されています。

次にMavenからwebpackを利用するために、webpackをinstallします。

終わると、package.jsonに記述がされていると思います。

次にwebpackを使うための記述を記載します。

こちらはお使いのプロジェクトに合わせて適当に記述してください

以上で設定は終わりです。先ほどのコマンドをもう一度叩いてみてください。

index.jsなどきちんと用意されていればbundle.jsというファイルが作成されていると思います。

まとめ

Mavenからwebpackを利用するというのでお伝えしました。弊社ではwebpackの実施をprofileにしており、maven-war-pluginのlifecycleに上手く載せるようにしています。

webpackだけではなく、npm タスクや gulpも使用できるため、タスクを実行することもできます。

最後に

弊社ではVue.jsやwebpackなどフロント周りで楽しみたいエンジニアを募集してます!!

詳しくはこちら


2017年07月24日

Spring Securityを使ったAjax通信について

こんにちは。フリューのジョンです。

最近はVue.jsがあればテンプレートエンジンなんていらないと思いながらThymeleafを触っています。

さて、今回はSpring Securityを使ったAjax通信についてハマったのでそれの解消方法について書かせていただきます。

具体的には、Spring Securityの機能の一つである、クロスサイトスクリプティング防止機能でハマりました。

クロスサイトスクリプティングの説明については、今回省きます。他サイトを参照してください。

概要

環境は以下のとおりです。

spring-boot 1.5.3.RELEASE
spring-boot-starter-security 1.5.3.RELEASE
Thymeleaf 3.0.6.RELEASE

結論から言えば、Spring Securityを導入すると、単純なPOSTアクセスをすることができなくなります。
理由としては、認可した場所からのリクエストであることを検証するためにトークンが必要になるためです。その為、これを解消するには以下の方法があります。

  • Formにトークンを付ける。
  • Cookieにトークンをつけて、リクエストヘッダにトークンをつけて送信する。
  • GETで対処する  ← ダメゼッタイ、ユルサナイ

上手くいかない例

まずうまくいかない、例を見てみましょう。

この状態でボタンを叩くと以下のような画面になります。

spring-security-postが上手くいかない例

Formにトークンを付ける

これはSpring Security+Thymeleafを導入すると簡単に対応できます。

具体的にはFormのaction属性をThymeleafのものにします。

Formタグを見てみると自動でinput[type=’hidden’]が追加されているのがわかると思います。

spring-security-form送信(上手くいく例

Ajaxにする場合、このinput[name=’_csrf’]の値をJavaScriptで取得すれば良いのです。しかし、この方法はFormタグがなければ成り立ちません。

FormがないAjaxのpost通信をするためには、以下の方法があります。

Cookieにトークンをつけて、リクエストヘッダにトークンをつけて送信する

Spring Securityでは、Cookieにトークンをつけることができます。そのためには、CookieCsrfTokenRepositoryを使用します。

withHttpOnlyFalseとしているのは、HTTPでもCookieにトークンをつけてもらうためです(デフォルトはHTTPSだけにしかCookieは付いてきません)。リクエストを見てみると、以下のようにXSRF-TOKENという名前のCookieがついているのがわかります。

spring-security-cookieが付いている

このCookieの値をJavaScriptで読み込み、リクエストヘッダにX-XSRF-TOKENをつけます。

これによりAjax通信が可能になります。しかし、いちいちCookieをとってリクエストヘッダに渡すのは面倒ですね。

Axiosというライブラリではそれを解消してくれます。内部でcookie()を見て、リクエストヘッダに追加してくれているのです。

非常に便利ですね。

Cookieの名前、ヘッダの名前は、デフォルトの値ですので、変更可能です。もちろんAxiosの方も変更が可能です。

AxiosのFormData通信

ちょっと話が変わりますが、Spring SecurityでのAjaxのlogin機能を実装しようとした時、すこし、ハマりましたので追記します。

Axiosで通信するとデフォルトはJsonでの通信になります。しかし、loginには、FormDataでパラメータを渡さなければいけません。

実装方法としては、以下のようにAxiosのpostメソッドの第3パラメータに変換メソッドを追加してあげます。

まとめ

Spring Securityを使ったajax通信は少しだけ工夫が必要です。
しかし、その設定は本当に少しだけです。
ここではSpring Securityの機能自体について触れませんでしたが、Spring Securityは本当に素晴らしいので、ぜひ使ってみてください。

そして、Ajax通信だけのために、jQueryを使うのは止めましょう。Axiosを使ってみましょう。(個人の感想です)

最後に

弊社は、Springを実践利用してバリバリコード書きたいエンジニア募集中です!

詳しくはこちら


2017年06月7日

Vue.jsを使ってみよう その3

こんばんは、フリューのジョンです。Vue.jsを社内に広める活動を頑張ってます。

前回はVue.jsの基本の話、elプロパティ、dataプロパティ、methodsプロパティの話をしました。
今回はVue.jsのHTML側(v-bind、v-model、v-on)の話をしていきたいと思います。

今回もVue.jsはバージョン2.3.0を使用します。

v-bindやv-onなどの属性を、Vue.jsでは、それぞれを「ディレクティブ」と呼んでいます。

v-bindディレクティブ

タグ要素のattributeにdataプロパティやmethodsプロパティの結果を当てはめる(バインドする)事ができます。

classやstyleの属性については、少し特殊な書き方で値をバインドすることができます。

v-modelディレクティブ

v-bindでは属性値に値を入れることができましたが、v-bindでは入れるだけではなく、監視して更新することができます。
更新が走る属性値、つまり、inputやtextareaタグのvalue属性につけることでその値を監視することができます。

selectに対しても記述することができます。この際、初期値のvalueがselectedになることを覚えておきましょう。

v-onディレクティブ

属性に、eventに対する振る舞いを指定することができます

記述した関数に引数を渡すことも可能です。

click以外にもkeyupなども使うことができます。ただし、v-modelとの競合に気をつけてください。

補足

ここまでのディレクティブを使用することで、画像を一定時間ごとに切り替えるスライドショーを作ることができます。
また、v-modelとv-onを使い、画像を動的に追加するなどと行った処理を追加するなどができます。

まとめ

v-bind、v-on、v-modelで、データバインディングについて、大まかな説明が終わりました。

これにより、簡単なアプリケーションは作れるようになりました。

次回は、より複雑なアプリケーションを作成するためにv-ifなどのディレクティブについてお話したいと思います。

ありがとうございました。


2017年05月11日

Vue.jsを使ってみよう その2

こんばんは、フリューのジョンです。最近Vue.jsを理解しようとVue.jsのソースコードリーディングをしています。

前回はVue.jsのかんたんな使い方とjQueryとの比較、などをお話しました。
今回はVue.jsの基本の話、elプロパティ、dataプロパティ、methodsプロパティの話をします。

Vue.jsのバージョンは2.3.0です。

elプロパティ

elプロパティはString型、または、HTML Elementである必要があります。
String型で与えた場合、document.querySelectorで存在した要素を使いますので、HTML Elementを与える必要はあまり無いと思われます。

コンパイル対象のルート要素に対して設定します。
コンパイルとは、データのバインディング設定などを行うフェーズです。
Vue.jsではルート要素以下の要素を網羅してHTMLを再構築しています。

dataプロパティ

dataプロパティはObject型、または、Object型を返すFunction型である必要があります。
後で説明するコンポーネントを使う場合、dataプロパティはFunction型でなければいけないので、常にFunction型を返すようにしておくほうが妥当だと思われます。

dataプロパティの値にはインスタンスからアクセスすることができます。また、HTML側からは直接アクセスすることが可能です。
さらに、Vue.jsはこのObject型に記述されたプロパティの変更を感知することができます。感知することで画面側の再描画が走ります。

このようにdataプロパティが返すObject型をいじると、再描画されているのがわかります。これは、Vue.jsがプロパティにsetterとgetterをつけており、その中で変更を検知しているためです。
しかし、配列の場合は少し勝手が違います。配列の中身をいじっても更新はされません。

もしこのような場合があれば次のように置き換えます。

vm.messages[0] = ‘ほげ’ → Vue.set(vm.messages, 0, ‘ほげ’)

またはspliceメソッドを用いてやります(spliceメソッドは再描画の検知ができます)

vm.messages[0] = ‘ほげ’ → vm.messages.splice(0, 1, ‘ほげ’)

(https://jp.vuejs.org/v2/guide/list.html#注意事項)

methodsプロパティ

methodsプロパティはプロパティがFunction型のObject型である必要があります。
methodsの各関数のthisはインスタンスがバインドされていますので、アロー関数を使わないようにしたほうが良いと思われます。

これらの関数にはdataプロパティと同じようにアクセスすることができます。

また、結果を返す関数も記述ができ、内部で使用しているプロパティが変更されると再描画されます。
しかし、この書き方は推奨されていません。全てのmethodsが自分が参照していないプロパティが変更されても、実行をしてしまうためです。

この問題を解消したい場合はcomputedプロパティを使いましょう。computedプロパティは後々お話します。

まとめ

Vue.jsの基本のプロパティの紹介とその使い方をご紹介しました。

次回は、HTML側について詳しく紹介したいと思います。

ありがとうございました。