みなさん、こんにちは。ピクトリンクアプリを開発している盛岡です。

久方ぶりのブログ更新です。jyukutyoのサンフランシスコレポートの間に割り込んでみました。

今回のエントリは、先日フリューにて関西モバイルアプリ研究会#7を開催したので紹介したく書いてます。

関西モバイルアプリ研究会とは?

enter image description here

http://kanmoba.connpass.com/


関西モバイルアプリ研究会名のとおり、関西在住のエンジニアによるiOS/Androidアプリ開発者向けの勉強会です。

毎回コアなネタが繰り出される、おもしろい勉強会になっています。発表内容については上記URLの資料から参照出来ます。また、Twitterのハッシュタグ ‘#関モバ’ で検索してもらうと、雰囲気などがある程度伝わるのかなと思います。

毎月1回ペースで実施されており、今回は7回目でした。第8回目も予定されてます。

6回目までは株式会社はてなさんで実施していたのですが、7回目はフリューで開催することとなりました。

#7のトピックス

勉強会の進め方・発表形式は1人5分間のライトニングトークを、多めの人数(10人前後)で回していくというものです。

これが5分なのに深い内容が多い。第7回目は以下のような発表内容でした

  • Android6のセキュリティフレームワーク
  • iOSのA/Bテスト
  • Windows(Phone)のプッシュ通知処理
  • Retrofit2
  • instagram APIを利用したiOSアプリ開発
  • Google Cardboard
  • iOSのbitcodeについて
  • Fastlane
  • アプリの権利を委譲する

そうそうたる発表内容ですね。最新のiOS情報に関わるものからWindowsまで!

気になった発表

アプリの権利を委譲する話は興味深く聞かせてもらいました。

企業でアプリを作成していると、たまに話題になることがあります。が、仕様は頻繁に変わるみたいです。 発表者の方も「2015年10月時点での情報なので注意してください」と頻繁にアナウンスされてました。

また弊社でもFastlaneの導入を検討しており、実際の利用動向などチェックしていきたいなと感じました。

ちなみにFastlaneとは「Continuous Delivery for iOS Apps」を達成するためのプロジェクトになってます。

https://github.com/fastlane/fastlane

フリューで開催してみて

関西の凄腕エンジニアの方々との交流に一役かえるというのは、中々ない機会だと思います。実際に開催してみて凄く楽しかったですし貴重な体験でした。 発表内容を見てもらえればわかると思いますが、このような内容が聞ける会はそれほどないので是非継続していきたいですね。

事前準備等で不慣れな点がありご迷惑をおかけしたかと思いまが、京都タワー地下という立地条件は良かったという意見もあり、希望があれば会場提供も継続させてもらえればと思います。

今後も関西のモバイル開発を盛り上げていきましょう!