みなさん、こんにちは。ピクトリンク事業部インフラ課(3月末から事業部名が変わりました)の藤本佳世です。今回は「Pacemaker+Corosyncを使ってみました!」の続編、crmコマンドを使った設定の部分についてお話しします。

前回の記事はこちら

crmコマンド集

Pacemakerの設定をしたり、確認や削除といった作業は、crmコマンドを使って行います。
今回の構築で使ったコマンドをまとめてみました。※詳しい説明は後ほど

Pacemakerの設定

crm configureコマンド使ってPacemakerの設定ができます。

この状態で1つずつ設定していくことも可能ですが、私の場合は、設定したい項目をすべてcrmファイルに書き出して、crm configure load updateコマンドを使って設定を反映させました。

setting.crmの内容はこちらです。
※仮想VIP設定は、「primitive prmVIPcheck ocf:heartbeat:VIPcheck」の部分です。
※ping疎通監視設定は、「primitive pingd_gw ocf:pacemaker:ping」の部分です。

設定内容を確認するコマンドは下記のようにshowを付けます。

また、設定を削除したいときは、eraseを最後に付けます。

ただし、ノードが「running」ステータスでは下記のようなエラーが発生します。

その場合は、全ノードを「standby」ステータスに切り替え、「running」ステータス以外にする事が必要です。

再度「online」ステータスに切り替えるには下記を実行。

そして最後に、設定のバックアップ取っておくコマンドがこちらです。

現在設定されている項目をbackup.crmに書き出してくれます。
設定をバックアップ取っておくと、再構築になった際にとても便利ですね。
backup.crmの使い方は、最初にお伝えしたように、loadするだけです。

 

今回の投稿は以上です。次回は最終版として構築ではまった部分をみなさんに共有したいと思います。