Furyu
[フリュー公式]

Tech Blog

フリュー株式会社の技術ブログです

2017年03月2日

araki

DroidKaigi 2017 に参加します!

コンテンツ・メディア第1事業部の荒木です。ピクトリンクというプリントシール画像を使ったアプリの Android 版を開発しています。

弊社はエンターテイメント分野を扱っており、クレーンゲームの商品も作っているので、SNSなどで人気が急上昇した「けものフレンズ」の商品は作らないのかと思って調べてみたら、流行する前に作ってもう終わっていたようです。

 

今回は、DroidKaigi というカンファレンスの紹介をします。また、公式アプリの OSS 活動に参加したことや、気になるセッションの紹介など、参加前の現状について報告します。

DroidKaigi とは?

公式サイト より引用:

DroidKaigiはエンジニアが主役のAndroidカンファレンスです。
Android技術情報の共有とコミュニケーションを目的に、2017/3/9(木)、3/10(金)の2日間開催します。

DroidKaigi とは、Android エンジニアのカンファレンスです。参加者は500人を超え、日本国内の Android カンファレンスとしては最大級の規模を誇ります。2015 年から開催されており、今回の DroidKaigi 2017 で3回目の開催となります。私は今回が初めての参加となります。

公式アプリの OSS 活動

昨年、公式アプリが OSS(オープンソースソフトウェア)として GitHub に公開され、多くの人にコントリビュートされていました。今年も以下のリポジトリで OSS 活動をされています。多いときは1日で40件ほどのPR(プルリクエスト)が出されたそうです!

https://github.com/DroidKaigi/conference-app-2017

昨年もそうですが、技術的知見が詰まったリポジトリだと思います。Data Binding, RxJava, Dagger2, Retrofit など、第一線のAndroidアプリ開発で使われている技術やライブラリの使われ方を見られるので、ソースコードを眺めているだけでも勉強になります。

また、コントリビュートを目指して PR を出してみるのも刺激的で楽しいです。私も、簡単な修正ですが3つほど PR がマージされて、晴れてコントリビューターとなることができました。コントリビュートしてみたいという方は Issues の「welcome contribute」ラベルがついたものに取り組んでみてください。

セッション紹介

個人的に私が気になるセッションをいくつか紹介いたします。

How to apply DDD to Android Application Development

あんざいゆき(yanzm) さんが発表されます。ドメイン駆動設計(DDD)を Android アプリに適用する話です。最近、「エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計」という本を読み始めて、DDD に関心があるので Android の分野ではどのように適用されていくのかという話には非常に興味があります。ドメイン駆動設計の本はまだ読破していないので、当日までに読みきって臨みたいと思います。

大規模アプリのリノベーション

北村涼 さんが発表されます。初回リリースから5年続く「はてなブックマーク」を大規模改修した話をされるそうです。弊社のアプリも初回リリースから少しずつアップデートを続けた結果、コード改善の必要性が増しているように感じるので、どういったステップでリノベーションが実施されたのかを聞きたいです。

エンジニアが武器にする Material Design

瀬戸優之 さんが発表されます。Google が提案している Material Design というガイドラインについての話です。社内のデザインフローや Material Design を社内に広める方法についても話されるようなので、他社ではどのようにアプリのデザインと向き合っているのかという部分に興味があります。

さいごに

この記事では、DroidKaigi というカンファレンスの紹介、および参加前の現状について報告させていただきました。DroidKaigi では多くの Android エンジニアの方々と技術交流ができるということで、参加前から非常にワクワクしております。参加した後も、実際にどのような雰囲気だったのか、どういった知見を得られたかなどを記事としてお伝えできればと思います。

 

以上です。


2017年01月30日

adachi

try! Swift Tokyo 2017 に協賛します!!

こんにちは
コンテンツ・メディア第1事業部の足立です。
ピクトリンクというプリントシール機で撮影した画像データを使ったコミュニケーションアプリのiOS版の開発を担当しています。

 

弊社は2016年に引き続き3月2日から行われる try! Swift というイベントにシルバースポンサーとして協賛させていただきます。

 

try! Swift

HP: https://www.tryswift.co/tokyo/jp
スケジュール: https://www.tryswift.co/tokyo/jp#schedule

「try! Swift」はプログラミング言語Swiftに関するコミュニティ主催のカンファレンスです。
ベストプラクティス、アプリケーション開発、サーバーサイドSwift、オープンソースSwiftなど、Swiftに関する技術情報とコミュニケーションを目的に2017年3月2日〜4日の3日間にわたって開催されます。

 

去年は3日間全て講演でしたが、今年は3日目は参加者によるハッカソンを行うようです。
また、登壇者の講演とは別に、try! Swift の参加者によるライトニングトークセッションも用意されています。

 

登壇者による講演もですが、ライトニングトークでどの様な発表を聴けるか楽しみですね

 

Swiftを使用した開発について

弊社の手掛ける ピクトリンク というiOSアプリ(Android版, Web版あります)では、 Swift を使用して開発を進めています。

 

2014年のWWDCで Swift のBeta版が発表された頃、アプリの全面的なリニューアルを行っていました。
その頃に思い切って「Swiftへ移行しましょう。今変えないでいつ変えるんですか」的なことをチーム内で提案したのを覚えています。
発表まもないうえに初めての言語でしたので、 Objective-C からの作り変えに楽しくも辛い(?)日々が良い思い出です。

 

SwiftVersion 1.0, 2.0 そして Version 3.0 と約2年をかけてバージョンアップされて来ました。
バージョンアップによる言語仕様の変更などに伴う修正などは覚悟してしていましたが、大幅な仕様変更には泣かされました。
ですが Objective-C から Swift へ移行することで、Optional・Optional Chainning などを利用できる様になり、開発効率や可読性などが大幅に上がりました。
今ではあの頃に Objective-C から Swift へ移行しておいて本当によかったと思っています。

 

まだ、Swift が怖くて手が出せてない方や、Objective-C からの移行コストを気にして Swift に移行できていない方がいるとおもいますが、
今、この Tech Blog を見た瞬間から1行、1機能でも良いのでぜひ Swift で実装してみてはいかがでしょうか!?

 

みなさんもぜひ try! Swift してみませんか。
Swift 楽しいですよ!!

 

去年の記事: try! Swiftに協賛します


2016年12月19日

araki

SQLDelightの紹介

この記事は、Androidその2 Advent Calendar 2016 の12/18の記事です。

はじめに

コンテンツ・メディア第1事業部の荒木です。ピクトリンクというプリントシール画像を使ったアプリのAndroid版を開発しています。今回は、Androidアプリのデータベース管理で使えるSQLDelightというプラグインの紹介をしたいと思います。前回の記事で紹介したSQLBriteと組み合わせて使うと強力です。

SQLDelightとは?

square/sqldelight

SQLDelightは、一言でいうとSQL文からJavaのファイルを自動生成するプラグインです。たとえば、以下のようなSQL文が書かれたUser.sqというファイルを作成してビルドをかけます。

すると、SQLDelightはUser.sqを解析して、UserModel.javaというファイルを生成してくれます。

たった4行のファイルから、たくさんのコードが自動生成されましたね。これだけだと何に使うかわからないと思うので、次に具体的な使い方について説明します。

使い方

まず、UserModelを実装したクラスUserを作成します。AutoValueを利用すると以下のように短いコードで書けます。

各種定数

UserModelにはテーブル名やカラム名、テーブル作成用のSQL文が定数として定義されています。たとえば、SQLiteを使う時に作るであろうSQLiteOpenHelperの継承クラスで、テーブル定義をする際にテーブル作成用のSQL文を利用できます。

Mapper

UserModelで定義されているMapperを使えば、データベースの取得結果であるCursorをUserクラスに変換することができます。

Marshal

UserModelにはMarshalと呼ばれるContentValuesのビルダーも定義されています。以下のようにINSERTするときや、UPDATEするときに利用できます。

Pros / Cons

SQLDelightのメリット(Pros)とデメリット(Cons)に関する私の意見です。

Pros

テーブルの定義をSQLで書くことができる点がSQLDelightのメリットだと思います。ORMライブラリは手軽で便利ですが、ORMの仕様に依存してしまうというデメリットがあります。つまりORM側の問題に依存してしまうというリスクがあります。これに対し、SQL自体を扱うSQLDelightは、SQLで出来ることなら何でもできるという点が強みだと思います。また、シンプルにSQLでテーブルを操作できるので、複雑な問題が発生しにくいのではないかと考えています。

Cons

デメリットとしては、SQLの学習コストがかかることがまず挙げられます。SQL自体はできることが多いですが、使いこなすにはそれ相応の知識が必要だと思います(私にはありません)。また、クラスのGetter, Setterのメソッド名がAutoValueの形式(User#name(), User#_id(1) など)となっていたので、個人的には見慣れないなと感じています。

まとめ

この記事では、SQLからテーブルを表すクラスを生成してくれるSQLDelightというプラグインを紹介しました。RealmなどのNoSQLのライブラリも盛り上がっていますが、SQLのパワフルさを活かしてみたいという方は、一度試してみてはいかがでしょうか?


2016年11月21日

sakata

弊社フリューはJJUG CCC 2016 fallのゴールドスポンサーになりました!

Hello world! コンテンツ・メディア第1事業部のjyukutyoこと阪田です。

弊社フリューはJJUG CCC 2016 fallのスポンサーになりました!

http://www.java-users.jp/ccc2016fall/

JJUG CCCは毎年2回、春と秋に開催する日本最大のJavaコミュニティイベントです。Java関連の技術や事例に関する良質なセッションが行われ、また異なる分野で活躍するJava技術者が一堂に会する場ともなっています。

スポンサーにはダイヤモンド、プラチナ、ゴールド、ブースと種類があり、フリューはゴールドです。

CCCでは弊社から2セッション!

弊社では2セッションでスピーカーをします。

  • 13:30-14:20
  • ルームE
  • 10年運用している画像サービスでのJavaの活用と今後の展望

こちらは、盛岡が弊社のサービス開発について話します。私がCCCの2016 Springと2015 Springで話した弊社のサービスについて、別の観点から話します。盛岡はこのサービスを初期(10年前!)から担当しており、ユーザの拡大につれて変遷してきたアーキテクチャや運用、チーム構成などさまざなまリアルが聞けます!

  • 18:30
  • ルームI
  • バイトコードが君のトモダチになりたがっている

こちらは私のセッションです。Javaにおけるバイトコードって何?というところからそこを変更するライブラリの紹介、実例としてJava Agentでのバイトコード操作といったことを話します。

ぜひ私たちのセッションに足をお運びください!

エンジニア募集中

弊社では他にもScalaMatsuri、Scala関西 Summit、try! Swiftなどのスポンサーをしています。それもこれも最終的にはエンジニアの採用のためですね。京都での開発業務(Webアプリ、iOS/Androidネイティブアプリ)に興味のある方はぜひご連絡ください。

http://mobile-career.furyu.jp/

京都以外に渋谷にもオフィスがあり、開発をしています。関東の方もぜひご連絡ください。


2016年11月15日

SatoKeita

JMockitを使ってテストを書いていて困った点

こんにちはフリューのジョンです。普段はJMockitを使ってテストコードを書いているのですが、今回は、そのJMockitを使ってテストを書いていて、困った2点を書きたいと思います。

  1. すでに@Injectableで書いてあるクラスをモックしたい
  2. FileOutputStreamをJMockitでMockUpを使ってコンストラクタをモックする

この2つです。例えば以下のようなメソッドをテストした場合はどうすればよいのかを書きます。

環境

JDK 1.8.0_65
JMockit 1.18
JUnit 4.12

解説

1. すでに@Injectableで書いてあるクラスをモックしたい

これは、テスト対象のクラスに@Resourceがあるため、@Injectableを書いているため起きます。
@Mockedを引数に書いてつかうこと、MockUpを使ってやることもできません。(すでにモックされています、というエラーが出ます)

対応としては、ソースコードの①にある通り、Expectationsにクラスを渡すことで、Fileのモックを対象のExpectations内で書くことができます。
今回はコンストラクタをモックしたかったので、返り値となるFileのモックオブジェクトを@Injectableで定義してExpectations内で使用しています。

2. FileOutputStreamのコンストラクタをモックする

これはFileOutputStreamに@Mockedをつけてモックすることができないために起きます。(@Mockedは使えません、代わりに@Injectableや部分モックを使ってくださいというエラーが出ます)

対応しては、ソースコードの②にある通り、MockUpで記述します。
closeメソッドもモックしているのはtry-with-resource文にて自動的にcloseメソッドが呼ばれるためです。(もちろん無いとテストが落ちます)

ここで気をつけることが、一点あります。
実際のコードでは、ファイルを引数としたコンストラクタを使用していますが、テストコードでは異なるコンストラクタをモックします。理由としては以下になります。

To mock the target “FileOutputStream(File)” constructor, JMockit must replace the internal call to another constructor (“this(file, false);”) with an innocuous “super(…)” call. This is because, inside a constructor, the JVM forbids extra calls before a “super(…)” or “this(…)” call is complete. So, in this case calling “proceed()” from $init has no effect since there is no remaining code in the original constructor.

https://groups.google.com/forum/#!topic/jmockit-users/EvTuJKTecDk

意訳すると、以下のようになります。

JMockitでFileOutputStream(File)をモックするためには、内部でsuperによってFileOutputStream(File, false)を呼び出しているのでそちらをモックしてください。 理由としては、JVMによってsuper(…)またはthis(…)の余分な呼び出しが解消されます。だから、MockUpのproceed()で呼ばれる$initは存在しないコンストラクタを参照してしまうのです。

まとめ

JMockitは複数の書き方ができますが、それ故にわからなくなることも多いと思います。
みんな細かい部分で詰まっていると思いますので、ソースコードを共有していければ解消できるかもしれないですね(切実)