FURYU Tech Blog

すべてのgirlsをhappyに

カテゴリ:OpenStack の記事

Open vSwitchのVRRP(L3HA)で高可用性を実現する!

みなさん、こんにちは。コンテンツ・メディア第1事業部インフラ担当の藤本佳世です。 今回もOpenStackの続き、【Open vSwitchのV

7つのOpenStackコンポーネントと構築手順

みなさん、こんにちは。コンテンツ・メディア第1事業部インフラ担当の藤本佳世です。今回は、OpenStackの続きで、7つのコンポーネントとノードの役割、構築手順についてお話しします。

7つのコンポーネントとノードの役割

前々回の記事でも少し触れましたが、OpenStackは7つの機能から構成されます。

注意:OpenStackのバージョンアップに伴い、コンポーネントの数も更新されます。実際には、16のコンポーネントが存在しますが、今回は、構築で重要となる7つについてお話ししたいと思います。

<td>
  <strong>役割</strong>
</td>
<td>
  仮想マシンの提供と管理を行う
</td>
<td>
  ユーザー認証・管理を行う
</td>
<td>
  Webブラウザ経由で管理・操作できるGUIコンソールを提供する
</td>
<td>
  仮想イメージの管理を行う
</td>
<td>
  仮想マシンが使用するストレージ管理を行う
</td>
<td>
  仮想ネットワークの管理を行う
</td>
<td>
  クラウドストレージを提供する
</td>

役割ノードの紹介

<td style="height: 24px; width: 490.483px;">
  役割
</td>
<td style="height: 24.7px; width: 490.483px;">
  OpenStack 環境が機能するために必要な管理ソフトウェアサービスを実行
</td>
<td style="height: 24px; width: 490.483px;">
  OpenStack 内の仮想マシンインスタンスを実行
</td>
<td style="height: 24px; width: 490.483px;">
  OpenStack環境に必要な全データを保管
</td>
<td style="height: 24px; width: 490.483px;">
  Openstack環境に必要なすべての仮想ネットワーキングを実行
</td>

各コンポーネントとノードの紐づけ

各コンポーネントごとのノードの役割を下記の図で表しています。

<td style="width: 10px;">
  controllernode
</td>

<td style="width: 10px;">
  computenode
</td>

<td style="width: 10px;">
</td>
<td style="width: 10px;">
  controllernode
</td>

<td style="width: 10px;">
</td>

<td style="width: 10px;">
</td>
<td style="width: 10px;">
  controllernode
</td>

<td style="width: 10px;">
</td>

<td style="width: 10px;">
</td>
<td style="width: 10px;">
  controllernode
</td>

<td style="width: 10px;">
</td>

<td style="width: 10px;">
</td>
<td style="width: 10px;">
  controllernode
</td>

<td style="width: 10px;">
  storagenode
</td>

<td style="width: 10px;">
</td>
<td style="width: 10px;">
  controllernode
</td>

<td style="width: 10px;">
  computenode
</td>

<td style="width: 10px;">
  networknode
</td>

構築にあたって

7つのコンポーネントをどのサーバノードで稼働、同居させるかは、負荷分散や冗長化の観点から、とても大切な設計です。みなさんもご自身の環境、サーバスペックにあった構成を組んでいただければと思いますが、フリューでは、サーバ8台構成でOpenStackを構築しました。また、今まではCentOSを使うことが多かったのですが、OpenStackでは、Ubuntu14.04LTSをホストOSとして採用しました。

理由

  1. Ubuntuは標準パッケージでOpenStack環境が用意されている。
  2. Ubuntu/debianの基本方針として、ディストリビューションのバージョンが変更されない限り、パッケージのバージョンは更新しない方針なので、不意にOpenStack環境がバージョンアップされない。 ※Firefoxなど例外あり
  3. LTSを使用すれば、2年または4年毎くらいでディストリビューションのバージョンアップが可能。 ※サポート期間は5年